さようならステップワゴンRF3青、こんにちはエディックスAE4白

9/6(木)にステップワゴンRF3青とさよならし、エディックスAE4白と入れ替えました。
RF3車検切れ前になんとか車両が船で届き、車庫証明と希望ナンバーも2日前に滑り込みで発行されてギリギリセーフ、持ち込んでナンバー付け替えて一件落着です。

24万キロに届こうかという走行距離まで頑張ってきたステップワゴンRF3青ですが車検切れ目前で廃車にし、エディックスの4WDに乗り換えです。
色々と悩んだ結果、ステップワゴンを車検や手直ししながら乗り続けるのではなく、子供1人の今だからこそ乗れるエディックスという選択肢を選びました。
箱バンサイズから乗用車サイズへのサイズダウンは運転手にとって大変嬉しく、苦痛から開放されましたし、娘を真ん中にして妻と3人で横並び1列での乗車スタイルは非常に楽しくて家族で何処かドライブへ行きたくなる車です。

まず、HONDAエデックスという車を知らない方も大勢いるかもしれませんね。
公式サイトの情報はこちらです。
手に入れたのは最終型ではなくH18年です。(RF3から4年も新しくなりました)
https://www.honda.co.jp/auto-archive/edix/2009/

前3人、後3人の6人乗り、スライドドアの無いステーションワゴンです。
1.7L、2.0L、2.4Lの3種類のエンジンと2WDと4WDがありますが、2.4LはFFのみの設定です。
1.7Lと4WDは4AT、2.0Lと2.4LのFFは5ATで車重は1.5t弱です。
2リッターエンジンはK20A、ステップワゴンRFと同じで、カタログを眺めると若干パワーダウンのようです。
特記すべきは、4WDで1.5t弱の車重なので維持費が楽になります。
ステップワゴンも1.5t前後ですが、四駆は1.5t強になります。
ちなみにうちのRF3青も1.5t強でした。

よく調べていませんでしたが、まさかのリア・サスペンションがダブルウォッシュボーンという事でHONDAが気合い入れて作ったであろうエディックス。
街で見かける事も余りなく、売上が低迷したのでしょうね。
今回こだわって探した4WDの2.0Lですが、岡山から船でやってきました。
北海道には四駆の車両も多く出回っているようですが、関東圏ではFFばかりで探すのに難儀しそうだった所、岡山の業者オークションに出品された情報からなんとか手に入れました。
今回も約15万キロスタートですので、あちこち手を入れながら乗ることになると思います。
さっそく、変な電源のとり方をした配線を戻したくて色々とはぐってたり、クラクションがならないので早急に手当しないといけません。
タイヤも古いし、溝は無いし、ひび割れてるし で、取り急ぎRF3のサブ用にとっておいたYOKOHAMAのタイヤとアルミホイールのセットに履き替える予定です。
1.7Lの方はRFシリーズとオフセットまで全く同じで195/65R15、2.0Lは205/55R16というインチアップ設定。
55%の扁平率なのに硬さを感じないので足回りがしなやかなのかなと思いますが、15万キロも走ればショックの減衰も抜けちゃってるんじゃないかなと思いますので、RF3で叶わなかったショック交換をエディックスの目標にしたいですね。(しかも車高を少しだけ下げたい)
FR3用に隠し持っていたレカロシートレールが余ってしまいましたが、エディックスにもレカロシートレールの設定があるようなのでコッソリ狙ってます。

ちなみに、3✕2のシートはフィアットにムルシエラゴという車種であります。
MT設定があるので、こちらの車両が安ければ欲しいのですが手が出ませんでした。
このシートアレンジが気に入って、更にバージョンアップするならムルシエラゴかもしれません。

流石、ステーションワゴンというだけあって6名フル乗車しても荷室が広くてステップワゴンの3列目を使っている状況よりもかなりの荷室スペースがあります。
3名の1列目のみ乗車、2列目を畳んでフラットにすると、超巨大な荷室になり、多少無理をすれば車中泊も出来そうです。
今年のF1鈴鹿はキャンプ前の1〜2日を車中泊にチャレンジしてみる予定です。(荷物が邪魔なので何か作戦を考えます)

距離を走っているわりには、エンジン音も静かで、ATの変速ショックもRF3の時よりもかなり静かなのでホッとしています。
ナビゲーションシステムがHDDの純正で音声ナビという音声認識するものが組み込まれていたり、オプションてんこ盛り。
カードキーがあったり、盗難防止、DVDなんかも映るので豪華仕様です。
ヤナギ家では初のオートエアコン、色々と便利になりました。
バックモニターも純正で組み込まれているのと、2列目用のモニターも純正オプションで取り付けられていたりと当時の最高級なのでしょう。

走りの方ですが、もっさりしていますので飛ばす車じゃありません。
1.5tの2.0Lで有り余るパワーとは行きません、ホンダの4WDは初めてで冬での走りがどんな感じか興味津々です。

家族と楽しく移動出来る車を市場価格よりお得に入手出来て満足です。
壊さないように、事故の無いように、出来る範囲でいじりながら乗っていきたいと思います。

3人がけシートに興味がありましたら覗きに来て下さいね。
それでは。

ヤナギG

佐藤琢磨 優勝!! 2018インディーカーRd.16 ポートランド

佐藤琢磨がまたまたやりました!
2018インディーカーRd.16 ポートランドで今季初勝利、インディーカーで通算3勝目を上げました!!!
F1以降フェイドアウトせずに国内にも戻らずに海外でのレース参戦を淡々と続けている佐藤琢磨選手、同じ年とは思えない〜。
本当に嬉しいです!

本軽0ne軽耐2018 N-Nクラス第2戦の結果が出てました

ヤナギレーシングで参戦予定の改造範囲の狭いN-Nクラスですが、参加台数が増えませんね・・・エントリー13台だったみたいです。
あ〜早くエントリーしたい。
リザルトを眺めているとCVTの車両が1台あって、トップから16周遅れの6位で完走しています。
最速よりも5時間走り切るというのが勝敗を分けそうな予感で、1位と2位が同一周回というは、5時間も走って盛り上がったんだろうなと想像するのでした。
まだまだドライバー募集中で〜す、どなたか一緒に5時間走りませんか?最終戦9/22(土)です!
まだタイヤ買えてません、白いホイールだけ眺めてます。

本軽0ne軽耐2018 N-Nクラス第2戦
リザルトPDF
http://www.klk.co.jp/20180729_kekka.pdf

それでは。

ヤナギG

Let's motor sports ! 集え!サンデーレーサー 持続可能な自動車競技参戦を目指しています