法定速度ぐらいで走ろうかな

今年から出来るだけ法定速度ぐらいで走ろうかと決めました。
正直、今まで40キロ道路を40キロ以上で、プラス10キロから20キロで走行していました。
なので法定速度で走っていると随分とのんびり感じてしまいます。

区間ごとに、なぜこのような法定速度が細かく設定されているのかなど、色々と考えながら走るようになりました。
速度が遅いと感じて後ろでイライラされるのは辛いですし、かえって危険かなと思う場合も多々あります。

もし法定速度が遅いと感じる場合は、速度を変更する為に活動するべきなんだと思いますし、我が家の目の前の通りは40キロから30キロに速度を下げてもらいたいと思うことが多々あります。
子供が車にぶつかって死んでしまうのではないかと感じる速度で見えないカーブからすっ飛んできますから。

この手の話題はここで定期的に取り上げようかと思います。
道路は自動車だけでなく歩行者や自転車などの多様性があります。
その中で法定速度が定められているわけですから、色々な視点から物事を見直す良い気かっけになればと思います。

今年こそレーシングスーツを買って、レーシングスピードで走れる車を準備して、JAFのB級ライセンスを取得して、なにかしらのスピード競技カテゴリーに参戦したいと本気で思うからこそ、速い車を手に入れる前に公道では一切飛ばさないという誓いですね。

速く走りたければ、制限速度が無い場所でいくらでも走れます。
速く走れる技量とそれなりの車があればですが。

法定速度で検索したら警視庁のPDFが出てきました。
参考になりますのでご興味があればクリックして読んでみてくださいね。

速度規制の目的と現状
警察庁交通 局
https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/regulation_wg/1/siryou4.pdf

佐藤琢磨さんと熱田護さんのトークショーに行ってきました!写真展:500GP フォーミュラ1の記憶

2分間の特別お写真タイムでの撮影風景

まずお伝えしたいのは、とーーーーーっても素晴らしい写真展でしたので、もう一度じっくり見るべく2月に娘も連れて再チャレンジ予定です。
写真集も買いましたが、現場で見る大きな大きな写真やキャプションが面白くて半日は時間が欲しい感じですよ。
やっぱりF1好きなんだな、車の写真や人間模様の写真好きなんだなと再認識しました。

2019.12.19 – 2020.2.8
熱田 護「500GP フォーミュラ1の記憶」https://cweb.canon.jp/gallery/s/archive/exhibition137.html

12/21(土)の午後、キャノンギャラリーS(品川駅前のCANON本社ビル)にて行われた熱田護さんの写真展トークショーに行ってきました。
佐藤琢磨さんが登場&先着順との事で、速攻で申し込んでおりまして、なんとかかんとか品川へ。

内容はオフレコって事で、あれこれ書けませんけど、大変に面白く、集中して話しを聞きすぎた為か頭痛でした。
延長白熱の会場の雰囲気はこちらの記事などで覗いてみていただければと。

佐藤琢磨の熱弁止まらず! 熱田カメラマン写真展トークショーはまさかの1時間延長
https://jp.motorsport.com/f1/news/Mamoru-Atsuta-500GP-talk-show-Takukma-Sato/4615541/

琢磨さんがこんな話ししたことないと色々と喋りまくってました。
色々と苦労したのでしょうが、今も現役のトップドライバーとしてインディーカーを操る彼を尊敬せずにはいられません。
同じ年とは思えない・・・。

オフレコの話などは、ヤナギコーヒー ロースターズ営業日やヤナギレーシングの活動日に是非お越しくださいね。
それでは、また!

ヤナギG

Let's motor sports ! 集え!サンデーレーサー 持続可能な自動車競技参戦を目指しています